上映スケジュール


1月19日(金)〜1月20日(土) (終了予定 6:00頃)
「輝く子どもたち part2」
まごころ
  
1939年 日本 67分 35ミリ上映
監督: 成瀬巳喜男
出演: 悦ちゃん、加藤照子、入江たか子 ほか
配給: 東宝
小学6年生の富子(加藤照子)と信子(悦ちゃん)は大の仲良し。二人は富子の母と信子の父がかつて結婚の約束までしていたことを知り、心が揺れる。風の強い河原の場面が素晴らしい。伸びやかな少女たちの繊細な心遣いが美しい。映画が製作された昭和14年は日中戦争下、この年映画法が制定され軍国主義の国策映画が作られるようになる。

まごころ
 ©東宝
大人は判ってくれない
  
1959年 フランス 99分 35ミリ上映
監督: フランソワ・トリュフォー
出演: ジャン=ピエール・レオー、アルベール・レミー、クレール・モーリエ ほか
配給: KADOKAWA
エッフェル塔が見える1959年のパリを舞台に、13歳の少年アントワーヌ・ドワネルは両親の愛に見放され、学校をさぼって家出をし挙句の果てに少年鑑別所に送られる。人生で最も厄介で悲惨な時期とトリュフォーが言うこの少年時代の映画は、ジャン=ピエール・レオーの天性の明るさによってペシミスティックになり過ぎることなくユーモアと生命力にあふれている。

大人は判ってくれない
 ©1959 LES FILMS DU CARROSSE
小さな恋のメロディ
 
1971年 イギリス 106分 DCP上映
監督: ワリス・フセイン
出演: ジャック・ワイルド、マーク・レスター、トレイシー・ハイド ほか
配給: KADOKAWA
英国の11歳の少年少女たちの明朗快活な学園生活が、J・ワイルドとM・レスターとT・ハイドの友情と初恋とともにビージーズの音楽にのって瑞々しく描かれる。ロンドン・ランベスを中心にロケされ、舞台となったアーチビショップ・テンプルズ・スクールは歴史のある学校だった。子供たちの視線で描かれたこの映画は製作スタッフもみんな若く、日本で大ヒットした。

小さな恋のメロディ
©Copyright 1971 Sagittarius Entertainment, Inc. ALL RIGHTS RESERVED.
トリュフォーの思春期
 
1976年 フランス 105分 DCP上映
監督: フランソワ・トリュフォー
出演: ジョリー・デムソー、フィリップ・ゴールドマン、パスカル・ブリュション ほか
配給: 東宝東和
フランスのほぼ中央にある小さな街ティエールを舞台に、この街に住む12歳ぐらいまでの子供たちが総勢250人も登場するこの映画は、小さなエピソードで彩られた、トリュフォーが愛した子供たちの集大成ともいえる映画。リシェ先生は言う「子供時代に苦しんだ者ほど生命力に恵まれる。幸福にも恵まれる。生きるのはつらいが、人生は美しい」と。

トリュフォーの思春期
©Helene Jeanbreau
閉じる